修繕積立金を用意しておこう

>

点検して工事のタイミングを知る

10年以下で工事が必要になる場合

ほとんどの住宅は、10年ぐらい経過すると大規模修繕のタイミングだと言われています。
ですが全ての住宅が、10年間綺麗状態が持続するわけではありません。
中には建設されてから8年や9年で状態が悪くなったり、不具合が発生したりします。
自宅のトラブルが起こっていたら、建設されてからの年数にこだわらないで、すぐ工事を依頼しましょう。

その時点で依頼すれば、100万円以下の金額で済ませることができます。
早めに工事を依頼すると、修繕積立金が80万円ぐらいしか貯まっていないかもしれません。
しかし早く依頼すれば工事の規模が小さくなるので、そのくらいの金額で済むケースが多いです。
安心して暮らせるよう、早く工事を任せましょう。

自分で自宅をチェックしよう

早く異変に気づくためには、点検する意識が大切です。
屋根や天井などは、細かくチェックしなければ異変に気付かないかもしれません。
もし自分でチェックするのが難しかったら、専門家に依頼しても良いと思います。
専門家なら細かい部分も、きちんとチェックしてくれます。
まだ工事しなくても良いといわれたら、安心して生活を送れます。
万が一の事態のため、修繕積立金の貯金を続けましょう。

工事が必要だと言われたら、すぐ契約してください。
すすると、トラブルが大きくなることを回避できます。
信頼できる業者に、自宅の点検を任せてください。
悪質な業者の場合は、トラブルが起こっていなくても今すぐ修繕工事が必要になると脅す可能性があります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ