修繕積立金を用意しておこう

>

どのくらい貯金すれば良いのか

最低金額を把握しよう

コツコツと貯金しても、毎月納める金額が少ないと実際に修繕する時に、費用が足りなくて困ります。
最低でも、1万円は納めるように心がけてください。
毎月1万円を貯金していれば、1年間で10万以上貯めることができます。
それを10年間続ければ、100万円になります。
無理をしないで貯金するのは大事ですが、いざという時に足りなかったら意味がありません。

貯金する金額が1万円以下だと、足りなくなってしまう可能性が高いです。
最低でも1万円を貯金していれば、大規模な自宅の工事をする時に対応できます。
1万円は修繕積立金として貯金できるように、家計をやりくりしてください。
どこの家庭でも1万円なら、貯金を続けられるのではないでしょうか。

大きな家に住んでいる人

自宅の大きさによって、修繕する時に必要な費用が変わります。
小さい家で暮らしている人であれば、100万円以下で済むかもしれません。
ですが大きな住宅なら、300万円前後になる可能性があります。
その場合は、1か月に1万円を貯金する程度では、費用が足りません。
修繕を依頼する時に間に合わないので、普段から少し多めに貯金しましょう。
大きな家に住んでいる人は、毎月2万円を貯金するのがおすすめです。

また修繕する時に、新しく便利な機能をたくさんつけたいと思っている人が見られます。
すると普通に修繕工事をした時より、費用が高くなります。
小さな家でも、機能をたくさんつけると高額になるので、前もって多めの費用を用意しておきましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ