家の修繕積立金はどれくらいあると安心?

修繕積立金を用意しておこう

大規模な修繕をする時の料金

住宅は、劣化していくものです。
一般的に建設されてから、10年ぐらいが経過したら大がかりな工事が必要になるといわれています。
工事の規模が大きいので、金額も高くなります。
その時に困らないよう、計画的に貯金しておくことをおすすめします。
その貯金のことを、修繕積立金と呼んでいます。
大がかりな工事をする時は、100万円から200万円になります。
急に用意するのは難しいので、毎月コツコツと貯金しておきましょう。

毎月、最低でも1万円は貯金してください。
すると、毎年10万円ぐらいは修繕積立金になると思います。
どんどん積み重ねて、工事をする時には100万円前後が溜まっているはずです。
新築の住宅を購入した場合は、まだ修繕のことなんて考えなくて良いと思っている人が見られます。
しかし時間はあっという間に過ぎていくので、気づいた時には間に合わないかもしれません。
お金が足りないと、必要な工事ができません。
それでは不具合が常に発生している住宅になるので、大変危険です。

建設されてから10年ぐらいが、大がかりな工事の目安です。
しかし住宅の状態によっては、それより前に不具合が見られることがあります。
その場合は遠慮しないで、修繕工事を依頼してください。
早めに依頼することが大切です。
被害が広がっている状態では、もっと工事の規模が大きくなって、高額な料金になってしまいます。
工事をなるべく安く済ませるためには、早い段階で異変に気づいてください。

コツコツと貯金しよう

少しの部分が壊れていて、修理する場合は50万円ぐらいで済みます。 ですが年月が経過すると、自宅のいろいろな部分でトラブルが起こります。 その際は、大規模な修繕を依頼してください。 前もってその時に、どのくらいの料金が発生するのか調べておきましょう。

どのくらい貯金すれば良いのか

毎月決めた金額を貯金していれば、スムーズに修繕積立金を蓄えることができます。 家計に影響がない範囲で、貯金をしましょう。 1年で、大体10万円が貯まれば良いと言われます。 そのことも踏まえると、毎月貯金すれば良い金額がわかります。 決めたら、毎月必ず貯金してください。

点検して工事のタイミングを知る

工事を依頼するのが遅くなると、100万円以上の金額が発生してしまいます。 それでは、修繕積立金が足りないかもしれません。 貯金した金額で間に合わせるためには、定期的に点検することを忘れないでください。 異変に気づいたら、その時点で業者に連絡しましょう。